スーパーコンパニオンという文化を語り継ぐために必要なこととは

座っているセクシーな女性

若い男性に伝えること

赤い口紅

スーパーコンパニオンは男性にとって憧れの遊びです。日本で昔から存在する非常に歴史のある大人の楽しみです。スーパーコンパニオンで遊んでこそ、本当の大人の男と言えます。ですが、今の時代はこういった流れに変化が出てきているんです。なんと若い男性の多くが、スーパーコンパニオンの存在自体を知らないということが起こっているんです。このような状態が続いてしまうと、スーパーコンパニオンという文化がなくなってしまう可能性があるんです。このような状況にはさまざまな理由が考えることが出来ます。
まず、若い男性がスーパーコンパニオンを知らない理由のひとつに、お酒離れが挙げられます。今の若い男性は昔の若い男性と比較するとお酒を飲まないと言われています。スーパーコンパニオンなどはお酒の席で楽しむものです。ですから、お酒を飲まない男性は、そういった場所に足を踏み入れる機会すらないんです。
次に考えられる理由が年配の人とのコミュニケーションを避けてしまっていることです。昔であれば、社会人になれば上司や先輩と一緒にお酒を飲むことは当たり前のことでした。そして、上司や先輩から大人の遊び方を教えて貰っていたんです。スーパーコンパニオンもそのうちのひとつでした。ですが、今は上司や先輩に誘われても平気で断る男性も珍しくありません。昔なら、上司や先輩も無理にでも誘っていましたが、今の時代はパワハラと言われる可能性もあります。ですから、なかなか無理に連れていくことが出来ないんです。
そして最後は不況の影響もあります。スーパーコンパニオンを利用するのには、それなりの費用が必要となります。その費用を捻出するだけの余裕がある男性が減っているんです。
スーパーコンパニオンの存在を知らない若い男性が増えている理由はさまざま考えることが出来ます。ですが、どんな理由であれど途切れさせてはいけない文化です。スーパーコンパニオンで遊んでいた世代の男性は、若者に伝える方法を考えるようにしましょう。